2012年02月02日

中国アニメを俯瞰する

小野耕世の『中国のアニメーション―中国美術電影発展史』(1987年 平凡社)を読む。通史とうよりも自身が関わり、関係者に確認しつつ、中国のアニメの発展をあとづけているような感じだ。

これを読むとアジアで最初に長編アニメをつくったのが中国(中華民国)だったことがわかる。また、これが日本に輸入され若き日の手塚治虫が発奮して、影響を受けたことが書かれている。

類書がないので貴重な本だろう。


posted by まど at 00:20| Comment(0) | 本・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。