2012年02月02日

小野耕世『世界コミックスの想像力 グラフィック・ノヴェルの冒険』

小野耕世『世界コミックスの想像力 グラフィック・ノヴェルの冒険』(青土社 2011年)を読む。

ひらたく言えばマンガなのだが、主に海外のマンガ(カーツーン、バンドデシネ)を取り上げている。

マンガといえば日本が先進的だという観念が先行しているのと、あまりに大衆的で身近な地位を占めているので、海外のマンガや劇画については手が回らないというか、人気がでてくるということは稀である。

スパイダーマンというマンガについても、アメリカのコミックは紹介されたが、日本で池上寮一が翻案して、まったく日本的な舞台で活躍させたが、それは原作とはまったく違う、現実の社会に直面して悩む、難しいヒーローなのである。

この本ではあまり子ども向けのコミックではなく、アジア人を主人公にして周囲と自己の関係に戸惑ったり、アイデンティティを求めて苦悩するという、ちょっと毛色が変わったというか、大人向け、アート系、文学系というべきコミックが紹介されている。

おもしろいのはイタリアのエロティックなコミックのマニウスの『マクロン』(
"Necron"magnus)についての記述だ。彼の作品は大衆的な俗悪エロコミックが主らしく、それらはヨーロッパのキオスクなどでペラペラの粗悪な紙に印刷されていて、70年代が一番盛況で現在ではほとんど見ないという。

そのマニウスが女性博士が製造したフランケンシュタインを主人公としたコミックが今フランスの出版社が復刻しているという。

なるほどフナックというフランスの大手チェーン書店のサイトで売られているのを確認できる。

http://livre.fnac.com/a1857112/Necron-T2-Necron-Magnus

マニウスの『マクロン』の画像


posted by まど at 10:36| Comment(0) | マンガ・雑誌・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アートアニメーションという言葉

少しふるい本だが『アートアニメーションの素晴らしき世界』(エスクァイア マガジン ジャパン 2002年)を読む。

のっけから批判するのは気が引けるのだが、トークと称して無内容な有名人インタビューや座談会を延々と載せるのはいかがなものか?

あまりなじみのない「アート・アニメーション」を説明するのに著名人(必ずしもそうじゃない人もいるが)を動員して紹介させるのは、ちょっとかんべんしてほしい。

むしろ映画史的観点からアニメのなりたちを跡づけて、その基本的な部分は個人的でパーソナルな表現だったり、職人芸的世界だったりする。そのベースになっているところを丁寧に紹介してほしかった。

 
posted by まど at 10:10| Comment(0) | マンガ・雑誌・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

小野耕世『世界のアニメーション作家たち』

小野耕世『世界のアニメーション作家たち』(人文書院 2006年)を読んだ。

もっと前に出されるべき本という気がする。

ここには重要ないま現存するアニメの巨匠たちの声が集められている。

個人的に興味深いのはベルギーのラウル・セルヴェ、カレル・ゼマン、ルネ・ラルー、イジー・バルタ、ポール・グリモー、そしてレイ・ハリー・ハウゼン。


posted by まど at 13:29| Comment(8) | マンガ・雑誌・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。