2010年03月05日

鉄人28号が来ている



ロボットマンガやアニメというといまだに鉄人28号が代表だと思っている。手塚治虫の「鉄腕アトム」は可愛らしすぎるし、泣いたりして人間と変わりないので認めない。

その鉄人28号は最近DOCOMOのCMに使われたりして脚光を浴びている。
意外に若い世代に人気があったりして(そんなわけはないか)。
でも神戸市に28号の像ができたりして、人気が根強い。
鉄人28号
なお

秒刊サンデーに巨大ロボットの日本の総覧が掲載されている
日本に上陸した巨大ロボマップ

posted by まど at 17:13| Comment(1) | ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

アトムの仮面はやはり違和感が…



仮面をつけたアトムの顔。改めて人間の顔と並べてみると違和感あるよなあ。むかし藤子不二雄のマンガ「忍者ハットリくん」の実写版があり、ハットリくんがマンガのままの顔ででてて、まわりの人間たちは素の顔だったので馴染めなかった。違和感ありあり!
マンガの世界はキャラクターの描線が共有されているけど、実写版となると顔がリアルなのに主人公だけマンガなのは、やはりヘンなのだ。ぜんぶマンガの仮面をかぶるか、ハットリくんをアニメで合成すればよかったのだ。
posted by まど at 13:03| Comment(4) | ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

微妙…だが



アトムって妙に人間ぽいってのが気になる、というか子どもの頃になぜロボットなのに泣いたりして、ヘンという声があった。
その意味でマンガでも「鉄人28号」のほうが分かりやすくて好きだった。

さてハリウッド版「アトム」はどうか? 以前の「ゴジラ」よりは、いいんじゃないか?
そこそこ原作のテイストは保たれている。
posted by まど at 21:17| Comment(3) | ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。